2010年7月アーカイブ

ね、全然書いてないよね。

さて、美術作家永井宏さんが今年の6月に東京の青山に『タンバリンギャラリー』という場所を設立しました。僕は東京はそれほど詳しくないのですが、青山はとてもシャレた街でして、そんなところにあるギャラリーです。ギャラリーの空間自体もとても素敵なのです。
永井さんは昔、葉山にサンライトギャラリーというギャラリーを作りました。そこを数年した後に、関西の枚方にソーイングギャラリーを作りました。そこで僕は代表をしていました。そして今度は東京にタンバリンギャラリーを作りました。サンライトギャラリーもソーイングギャラリーも、そしてタンバリンギャラリーも『誰でもものを作ることができる』というコンセプトで運営されています。東京でも精神は変わらずにされていて、誰でもが自由に展示をできるギャラリーです。こういったギャラリーは東京でも珍しいですよね。賃貸の価格もとても借り易い価格です。

前置きが長くなりましたが、今回はそのタンバリンギャラリーで開催する展示を2つご紹介します。
まず、7/21現在開催中の展示から。



藤本直也×ミロコマチコ×KITE PRESS 巡回展


b_m_k_icon715.jpg

7月20日(火)―7月24日(土) 開催中!
open 11:00-19:00
(最終日18:00まで)

2010年、iTohen(大阪)で開催された藤本直也 写真展「Burnt Blue」と ミロコマチコ 絵本原画展「やまのいえで」の巡回企画展です。
展示にあわせてKITE PRESSより刊行した 写真集と絵本の販売も行います。

本作品の関東方面での発表は今回が初となります。 この機会にみなさま ぜひご高覧下さいませ。


yama.jpg

藤本直也(写真) http://fjmt.jp/
ミロコマチコ(絵) http://www.mirocomachiko.com/
KITE PRESS(本) http://www.skky.info/


PastedGraphic-5.jpg




藤本さんとミロコさんのそれぞれの個展はイトヘンさんで見させてもらいましたが、とても素敵な展示でした。
藤本さんは元iTohenのスタッフだった写真家さんです。お仕事ぶりは、あまり拝見する機会はないですが、今回展示された作品は写真の仕事で出向いた地方での、休憩時間や空いた時間に撮影して撮りためていたものだそうです。
いつも鋭い目の藤本さんですが、展示されている作品は優しい眼差しを感じるものばかりです。
ちなみに、藤本さんの作品は我家にも飾られています。

ミロコマチコさんは一年前くらいから関西から関東へ活動の拠点を移して活動しています。彼女の作品は、その絵を見た方ならば忘れないインパクトがあります。彼女のキャラクターも素敵で、ミロコファンは関西にも関東に沢山いらっしゃいます。

お二人ともkite press から作品集を出版されています。kite pressはiTohenさんの母体であるデザイン事務所 SKKYさんが始めた出版レーベルです。2冊とも綺麗な本です。さらっと、こういう本を作れるところを見習わないといけません。展示に行かれた方はぜひ2冊とも購入してみてください。

そして、2つ目の展示はBOOKLOREから出版している『年輪の温度』 『08_09 play with ships』のそれぞれの作家である、濱田久美子さんと玉井健二さんが開催する展覧会のご案内です。
 


玉井健二×玉井恵美子×濱田久美子 『LOR』

lor_s.gif

8月3日(火)―8月8日(日)
open 11:00-19:00
 (最終日17:30)

大阪枚方のソーイングテーブルコーヒーを営む、玉井夫婦と切り絵作家である濱田久美子の3人展です。
玉井健二さんは木の舟を、玉井恵美子さんは衣、濱田さんは切り絵の作品を展示します。

BOOKLORE から出版している作品集の販売も行います。
関東でこの3人の作品が見られる機会は、とても貴重です。
東京方面にお住まいの方は、ぜひお出かけ下さい。

SEWING TABLE COFFEE
http://tamazkue.sakura.ne.jp

お二人の本の詳細は以下のURLをご覧下さい。
http://booklorebooks.net/





星ヶ丘の3人の展示が東京の青山で開催されるのって、不思議な感じがしますね。いったいどんな空間になるのか、予想もつきません。僕も観に行きたいのですが、予定が組めるかどうか...。8月7日には、関西から何人か集まってイベントも開催するようです。絶対楽しい一日になります。期間中、濱田久美子さんと玉井恵美子さんはずっとギャラリーにいるみたいです。玉井健二さんも週末は行くとのことでした。ぜひ会いに行かれてはどうでしょうか。
 ご無沙汰になってしまいました。今後ちゃんとします。すみません。去年の暮れから、日々を書く気になれなくなってしまったのですが、そろそろ元気も出てきました。
 でもお知らせです。



swimy_onsa_word-l.jpg 

 関西のギャラリーが集まって開催している「おんさ」展が6/29からスタートしました。(詳しくはホームページをご覧下さい。)現在は、西宮の6C(立体)、大阪のiTohen(平面)、millibar gallery(映像・音)が展示開催中です。8/8まで、順番に他のギャラリーも展示をしていきます。
 以前にもお知らせで書きましたが、ブックロアとして今回は関わらせて頂いておりまして、『言葉』ジャンルの出品作品を本に纏めました。他のジャンルはギャラリーでの展示ですが、『言葉』ジャンルのみ本の中で作品を発表します。しかも、6/29〜8/8までの限定発売となります。
 様々な文章が集まり、バラエティー豊な本に仕上がりました。読み応えあります。装幀はバイエルの梅田さんで、挿画は第一回、第二回とおんさ展に参加をしてくださった、武市真人さんです。内容、装幀ともに素敵に仕上がりました。おんさ展を巡られる方はぜひ手にとってください。各会場で期間中ずっと販売しています。一冊500円です。
 遠方の方のためにおんさのホームページで通信販売も行っております。こちらもぜひご利用ください。

 またおんさ展に参加しているギャラリー以外でご協力を頂けた店舗でも販売しています。取り扱い店舗は以下です。こちらでもぜひ見かけたら手にとってみてください。

【大阪】
シャムア(南堀江)
Calo Bookshop & Cafe(肥後橋)
スタンダードブック ストア(心斎橋)
la galerie(茨木)

【京都】
ふたば 書房河原町店(三条河原町)
ガケ書 房(北白川)
恵文社一乗寺店(一 乗寺)
flowing KARASUMA(烏丸蛸薬師)

【奈良】
カナカナ(奈良町)


おんさ公式ホームページ
http://swimy.info

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。