こんにちは。久々に書きます。そして、お知らせです。
ブログがふたつもあっても器用に使えませんので、ブックロアのお知らせも「雲の生まれるところ」のブログと統一することにしました。

今後、ブックロアのお知らせも以下のブログで更新させていただきます。

http://kumonokouba.com/blog/

もうひとつのBook Fair - Diary

| コメント(0) | トラックバック(0)

next1309.jpg

東京のMOTOYAさんで開催される「もうひとつのBook Fair」に参加させていただいております。東京近辺の方はぜひ、のぞいてみてください。BOOKLOREは「読む」の期間です。

その他、いろいろな出版に関わる方々が参加されております。
以下参加の方達のお名前です。

アノニマ・スタジオ / エクリ / GAS AS INTERFACE / coaster / こんどうみき
saji / Shuku Shuku編集部 / stock / chahat / TOmagazine / ニセアカシア発行所
ぱんとたまねぎ / ヒロイヨミ社 / Farmer's Market Association / BOOKLORE
BonAppetit / 本のある部屋 / mille books|ミルブックス / ゆがみ / ゆめある舎
WORLD&SONS. / WORLD YOUTH PRODUCTS

【場所】
MOTOYA モトヤ
〒151-0061 東京都渋谷区初台2-24-7
Phone/Fax:03-6362-2082 E-mai: info@mo-to-ya.com 
Open:木曜日~日曜日
Closed:月曜日~水曜日

http://www.mo-to-ya.com

【期間】
2013 / 9 / 4 Wed. ~ 9 / 29 Sun. 13:00~20:00
※月曜・火曜 お休み ※最終日は18時まで ※9/14(土)9/22(日)は16時半から
※BOOKLOREは9/4-9/8までの読むの期間です。

DSCF6322.jpg

関西のいくつかのギャラリーと小さい出版社が集まって、協同で行っている企画展「おんさ」。今年も沢山の方に参加していただきまして、現在絶賛開催中です。おんさでは、制作される作品のジャンル毎に会場が分かれております。「平面」「立体」「写真」「映像」「音」「言葉」というジャンルです。BOOKLOREでは言葉ジャンルの担当をしておりまして、言葉の作品はギャラリースペースではなく、本を制作して本の中で作品を発表しています。制作した本は、おんさ展期間中に各会場で販売しています。ぜひ手に取ってご覧下さい。

また遠方の方のために通販も行っております。
詳しくはこちらのページをご覧下さい

http://onsa-pr.info/onsa_words.php

雲の生まれるところ - Diary

| コメント(0) | トラックバック(0)

ブックロアが運営するオンラインストア「雲の生まれるところ」が出来ました。
扱っているものは、ブックロアの本だけではありません。
まだまだ商品は少ないですが、今後少しずつ増えていって、
また続けていけるようにしていきたいです。
ぜひご覧下さい。

「雲の生まれるところ」
http://kumonokouba.com

サイトについての詳しい内容は、こちらに書いております。

さて、二足の草鞋となったわけですが、次の本作りの方も進めております。
夏迄には出したいと思っていましたが、もう少し伸びるかもしれません。
また出来次第お知らせいたします。

おんさ展のお知らせ - Diary

| コメント(0) | トラックバック(0)

onsa.pngのサムネイル画像今年もおんさ展が開催されます。おんさ展は毎年関西のいくつかのギャラリーが集まって開催している、協同企画展です。今年もBOOKLOREとして「言葉」ジャンルを担当させてもらうことになりました。おんさ展は、いろんなジャンルのアーティストに参加していただき、ジャンル毎に場所と期間を分けて展示します。言葉ジャンルは展示は出来ないので、本という形に纏めて、期間中に各会場で販売します。ただいま、エントリーを受け付け中ですので、興味がある方はぜひご応募ください。

詳しくは下記のアドレスをご覧下さい。
http://onsa-pr.info

朗読会のお知らせ - Diary

| コメント(0) | トラックバック(0)

kotonomori_tsukikusa.jpg

奈良の秋篠の森「月草」にて、2月23日〜28日まで「二月の本棚-ブックロアフェア-」と題して、BOOKLOREの本を置いていただくことになりました。期間中は本を見ながら、お茶を飲めるスペースを用意してくださるとのことですので、少し寒い時期ではありますが、ぜひ秋篠の森へお出かけください。

また初日に、BOOKLOREより本を出版している奈良の詩人西尾勝彦さんと、ブックロアの畑尾和美の朗読会を15時より行います。そして「貝殻となり」を出版したSEWING TABLE COFFEEの珈琲と、今年BOOKLOREより出版する予定のAOがお菓子を添えてくれます。
秋篠の森という素敵な空間で、しかも二人一緒に行う朗読はなかなかありませんし、朗読を聞きながら、静かな時間を楽しんでいただけたらと思います。
朗読会は要予約です。

「言の森ー西尾勝彦・畑尾和美朗読会」
2013年2月23日(土)15時〜16時半
参加費:1500円(珈琲、菓子付)
朗読会のご予約はご月草(Tel:0742-47-4460)まで

※ブックロアフェアーは23日〜28日まで行っています。

秋篠の森 ギャラリー月草
奈良市中山町1534 Tel:0742-47-4460
http://www.kuruminoki.co.jp
秋篠の森へのアクセスはこちら

キャトルセゾンにて。 - Diary

| コメント(0) | トラックバック(0)
「貝殻となり」の著者である玉井恵美子さんが、ソーイングテーブルコーヒーを始める前に働いていたキャトルセゾンさんで9月一杯、「貝殻となり」を取扱っていただいております。しかも、日本全国18店舗です。

キャトルセゾンと言えば、舶来の雑貨を沢山置いている素敵な雑貨屋さんで、大学生の頃でしたでしょうか、百貨店などに行くと、ふらっと立ち寄っておりまして、もちろん女子のものばかりでしたので、あまり買うことはなかったのですが、その中に永井宏さんの本が置いてあって、それをたまに買っていました。それは永井さんに出会ってすぐだったか、出会う前のことだったかは忘れましたが、それから10年以上が経って、僕らが作った本が、またこうやって並ぶというのは、何とも感慨深いというか、全くその頃は想像もしていなかったことが起きています。いろんな人達のお陰で、今回取扱いをしていただくことになりました。本当に有り難うございます。

玉井さんがよく口にする「本の力を信じている」という言葉を、今、実感しています。
そして、この一ヶ月の間にキャトルセゾンで「貝殻となり」を手に取って下さった方の10年後に、また同じような事が起きてしまいそうな気がしています。そんな本の力を信じています。

取扱っていただいている店舗は下記のURLに掲載しています。
http://www.quatresaisons.co.jp/boutique/index.html

THE BOOKS - Diary

| コメント(0) | トラックバック(0)
books.jpg

 ミシマ社さんが出された「THE BOOKS」という本で、ブックロアの「九月の朝顔」を長谷川書店の長谷川さんが紹介してくださいました。このTHE BOOKSは全国の書店員365人の方々が、どうしても届けたい一冊を紹介する本です。蒼々たる本の中で小さい出版社のうちの本もあっていいのでしょうかというような、ちょっと恐縮してしまうくらいなんですが、でも本当に光栄なことです。星の数ほどある本の中で、この本を紹介してくださった長谷川さんの気持ちがとても嬉しいです。(長谷川さん自身、本当に気持ちの良い人です。水無瀬店にいますので、ぜひ会いに行ってみてください)。そして、ミシマ社さんにも感謝です。この本の編集を担当していた方が昔、永井宏さんにご紹介いただいて、知り合っていた方だったので、何とも不思議な縁を感じています。いつも永井さんが傍にいる気がします。残してくているものが本当たくさんあります。

 「九月の朝顔」は、うちの本の中では、たぶん一番売れてない本ですが、装幀を自分が担当して夫婦で作った本なので、思い入れが強く、自分も気にいっている大切な本です。10年、20年かけて売っていくような本かなと勝手に思っています。でも、こんな機会に、誰かに目に触れて、一人でも手に取ってくれたらなと思います。

もうひとつのBook Fair - Diary

| コメント(0) | トラックバック(0)
motoya.jpg

東京のMOTOYAさんで開催される「もうひとつのBook Fair」に参加します。
今回は「読む」「見る」「知る」「暮らす」の4つのテーマ毎に期間を分けて開催されるそうで、
BOOKLOREは、「読む」のテーマに出します。期間は9/5-9/9までです。
他にもwindchime booksやBOOKLUCKさん、などなど、近ければ絶対伺いたい内容です。
刺激を受けたいです。

BOOKLOREは、新刊の「貝殻となり」は、もちろん既刊の詩集なども出品します。
間に合えば〜、新しく作った雑誌「八月の水」も出したいです。
*「八月の水」についての詳細はまた後日お知らせします。

Book Fairの詳細はMOTOYAさんのホームページでご覧下さい。
http://www.mo-to-ya.com/gallery/exhibition/next1209.html
新刊「貝殻となり」 (玉井健二・玉井恵美子著)の出荷準備も整ってきましたので、ホームページに掲載しました。
書店さんにはこれから並ぶこととなるかと思いますので、よろしくお願いします。
書店で扱っていない場合は、SBN978-4-9903667-4-2 C0095をお伝えいただけたら、お取り寄せできます。
BOOKLOREから直接通販も行うことができます。ご希望の方は下記メールアドレスまで注文冊数とお送り先をお送りください。
お支払や配送方法についてはこちらをご覧ください。

info@booklorebooks.net
(担当:中島)




動画は著者のお二人と一緒に本の準備をしているところです。
左の玉井恵美子さんはカバー掛けをしています、そして右の玉井健二さんはおまけの折紙の準備をしています。
黙々と作業をしています。

ブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

最近のコメント

アイテム

  • next1309.jpg
  • DSCF6322.jpg
  • onsa.png
  • kotonomori_tsukikusa.jpg
  • books.jpg
  • motoya.jpg
  • sosea2-thumb-600x888-682.jpg
  • kaigara.jpg

タグクラウド